hanami1294のブログ

現在休職中の小学校教員のつぶやきです(只今復職中)。

TV

夏眠日記その37

来週から学校に行こうと思っている。僕が生まれて初めて病休を取った時は「ウォームアップ」と称して1週間前から少しずつ学校に行くよう促されていた。しかし、今は出勤扱いじゃないということもあって誰も責任を取れないから、「ウォームアップ」は推奨さ…

夏眠日記その33

TV

「座禅とは何かと一言で言うと『ゲームを一服すること』ですね。いっぺんこのゲームからおりて、ゲームを離れたところから全体を見渡す。そして『あ、ゲームだった』と改めて感じる。得した損したという思いは、ただヴァーチャルな世界の中の思いでしかない…

今楽しくないものはきっと来年だって楽しくない by 今敏

前日に引き続き、今敏監督の言葉である。 病気で入院した時に「死」を意識しました。そしてだんだん元気になると同時にもうちょっとポジティブに考えられるようになったんですよ。今までぐずぐずして仕事に必ずしも積極的になれなかった部分というのは、その…

個性個性って言わない方がいいんじゃないかな(by今敏)

個性を尊重するとか個性を伸ばすとかもっと個性を出してって言い方ってすごくしますよね。それで、こういう言葉を繰り返し聞かせ続けられるとですよ、個性って何か内蔵されてる、自分に埋蔵されているようなものとして思ってしまうじゃないですか。 個性を表…

「命をかけて悪と対話する」 悪について―2

TV

白石「師匠である若松孝二監督に『モノを作る人間は権力側から世の中を見ちゃいけない』と言われた」 白石は、ある映画祭で自作の映画を発表する予定をキャンセルした。従軍慰安婦についてのドキュメンタリー映画が訴訟により係争中になっていることを理由に…

「悪の中の人間を撮る」 悪についてー1

TV

3年前は教員免許を更新する年だった。1回目の講義は「歴史」だった。歴史は好きだが、狭い大学の教室に入って大勢で講義を受けることには気乗りしなかった。しかしその講義が久しぶりに興奮する内容だった。「遊動生活から定住生活へ」がテーマで人類の生…

「YOU」-最後

TV

現在のコンピューター関係者、新井素子のコメントもあった。2人とも順調に歳をとっていた(おじさん、おばさんになっていた)。 コン「やっぱりコンピューターはあの時代攻めていたのかなあ、と感じます。一番想像外だったのはネットワークがここまで普及し…

「YOU」―3

TV

番組後半に「あれから36年。糸井重里にとってテレビとは?」という話題から当時を振り返っている。また、現在の日比野克彦もコメントしている。 糸井「テレビがまだもっと信じられている時代だったし、娯楽として大きな意味を持っている時代だった。時間の系…

「YOU」-2

TV

ゲスト第2弾の話も面白かった。特にコンピューター関係者の話と新井素子の話が興味を引いた。新井素子は番組の後の方で現在の新井素子が出演し、コメントしている。 糸井「行き詰まりって言ってるんだけど・・・。コンピューター関係者はそんなことない?」…

「YOU」-1

TV

2月14日日曜日の「Eテレプレーバック」で僕にとっては懐かしい「YOU」という番組を取り上げていた。1984年6月9日放送の「『YOU』100回記念 気分はもう21世紀人」の再放送である。 冒頭で現在の糸井重里が語る。 「探せば面白いことあるよね、っていうのが…

土曜ドラマ「天使にリクエストを~人生最後の願い~」

TV

すごい。ドラマの話を今から書こうとしているなんて。初めてじゃないか。 NHKで放送されていた(この前で終わった。全5回)このドラマ(江口洋介主演)の2回目から何の拍子か観ていた。このドラマはサブタイトルに書かれているように、死を目前とした人の最…

漫勉neoを観ているかい?

NHKで放送されている「漫勉neo」。浦沢直樹プロデュースのこの番組はとてもためになる。どんな仕事をしている人にも面白く観ることができるはずだ。 これでシーズン3になるが、浦沢の漫画に対する思いは並々ならぬものがある。だって普通こんな番組作らない…