hanami1294のブログ

現在休職中の小学校教員のつぶやきです(只今復職中)。

映画・漫画

月まで泳ごうぜ

昨日、映画「ドアーズ」の前半部分を観た。この映画は1991年に公開されたオリヴァー・ストーン監督作品である。当時既にドアーズのファンであった僕はなぜ観なかったのだろうか。そりゃあ、誰もジム・モリソンにはなれないだろって思ったからだ。そんなの無…

「厩戸王子」と書くだけで切なくなる

今日は忌野清志郎の命日である。あれは2009年のことだった。思えば本格的に僕の精神疾患が酷くなってきた頃でもあった。もう25年も経つのか。キヨシロー、今日は書かないけれど、またいつかブログに書かせてもらうからな―。これでも結構書いてるんだぞー。イ…

1993年、俳優ビートたけしは無敵だった

今日は映画のことを書いてみよう。先日「教祖誕生」を観た。95分という時間もあってスイスイ面白く観ることができた。テンポも良かった。今どきの映画を観るよりもずっと楽しかった。30年前の映画をこんなに楽しく観られるとは思っていなかったな。 この作品…

「パーフェクト・デイズ」を2回観てきたよ

昨日今日と、早朝に金沢へ行って、映画「パーフェクト・デイズ」を観てきた。お客さんは少なかった。昨日は10人ちょい、今日に至っては5人だった。それも全員高齢者だ。ゆったり観ることができたのはいいけれど、ちょっと寂しい入りだった。若い人でも楽しめ…

白月夢の欠片

映画「ムーンエイジ・デイドリーム」を観た。 「ロックミュージシャン、デヴィッド・ボウイの人生と才能にスポットを当てた、デヴィッド・ボウイ財団初の公式認定ドキュメンタリー。ボウイが保管していたアーカイブ映像からの未公開映像を『スターマン』、『…

今頃YMO

今日も悪夢を見たが、映画も観た。「ゴッドファーザー」の後半である。昨日同様ノンストップで観ることができた。その前に悪夢のことを簡単に書き留めておこう。 どういう悪夢かというと、学校ネタである。出る授業出る授業で僕が児童にボイコットされるとい…

悪夢のヴァリエーションは無限らしい

今朝は物音で目が覚めた。ああ、いつものあれか、久しぶりだな。でもそんな時間だっけ?まだ眠たいぞ、と思ってスマホを見たら午前4時だった。いつものあれとは、時々、ほんの時々だが、妻が異常に早起きをして家事をすることだ。眠っている僕を気遣って音を…

4年間も後ろの席にいたのに

Q:今日、マリコさんと話すことができたか? A:YES!できた!2時間40分話したよ。 昨日はあんなに積極的だった僕だが、今日になってまたいつもの僕に戻っていた。そんな自分に業を煮やしたので、LINEしたところ、すぐに電話がかかってきた。15時頃だったか…

「大脱走」は今観ても面白い

午前中上手くいかなければ、大体午後も上手くいかない。こんな歳になると、上手くいかないことを受け入れていかないと気力体力が持たない。そう思いながらも何回も同じ失敗(午前の失態を立て直そうと午後頑張る)を繰り返している。昨日もそうだった。 タイ…

2時間は無理だった

今日は映画を観よう!と思い立ち、かねてから興味のあった「PLAN 75」を観始めた。これがどうにもツラい映画で、実はまだ観終わっていない。あと30分なんだけどね。あと30分といえば物語のクライマックスに向けてジェットコースターのように話が進んでいくは…

土曜日、深夜2時38分

今日は(というか昨夜は)23時に目覚めたが頑張ってもう一度寝た。しかし1時30分に目覚めるともう眠るのを諦めてリビングに行き、FODのあれこれをいろいろ試してみた。本格的に寝るのを諦めて、シャワーと洗濯をしようと思って今2時38分というわけだ(今浴室…

アナーキー・イン・ザ・U.K.再び&「デッド・ゾーン」

やはり3連休初日である。午前2時に目が覚めた。 昨日の記事に「アナーキー・イン・ザ・U.K.」のここが上手く弾けない、困ったものだと書いたら、すぐにJUNさんからコメントが来た。 JUNさん曰く 「んん?これ、譜面の青囲みのところ、譜面通り3本指で弾こう…

やっちまったよ 思い込み

4日月曜日に勇んで本屋さんに行った。ロッキングオン5月号を購入するためである(松村雄策追悼号だと固く信じていたから)。そうしたらない。何処を探してもない。もしかしたら売り切れた?いや、そこまで松村雄策は人気あるのかな。何だかモヤモヤするので…

文体について考え、「水滸伝」を読む

「1Q84」読了後、村上春樹の小説を読む気持ちにはなれなかったが、彼の文章は読みたかったので「村上さんのところ」(「村上春樹が読者からの質問に答えます!」)という本を斜め読みしていたら、こんな文章に出会った。 読者からの「村上さんはレディオヘッ…

冬眠日記その39 ~「クライ・マッチョ」の巻~

1月15日(土) コーヒーウォーマーというものはとても便利だ。いつでもあったかくておいしいコーヒーやお茶を飲むことができる。「高い買い物をしたものだ」と最初は思ったが、何だかんだ言って愛用している。ただ、直にサーバーをのせると熱くなりすぎるの…

秋眠日記5

いつの間にか「秋眠日記」と名付けて文章を書いている。 昨日今日とイレギュラーで母の知人の通夜、葬式に行った(中には入っていない。葬儀場に送って、家に戻るだけ)。そして帰り際スーパーに連れて行って食材の仕入れを手伝った(これも中に入っていない…

来るぞ来るぞ&来たぞ来たぞ

一体全体誰の何が来るのか?クリント・イーストウッドの新作映画が遂に来るのだ。やったー。「運び屋」(2019)は僕の体調が悪くて映画館で観られなかったし、リアルタイムで(映画館で)観るのは2010年「ヒア・アフター」、2011年の「J・エドガー」、2012年…

口直しにもう1本

朝一番で映画館に行ってきた。そんなところに行くのはちょっと気が早くないか?と言われそうだが、とにかく映画が観たかったのだ。観たのは「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」である。映画館に行くのなんていつ以来だ?「ボヘミアン・ラプソディー」(2018)…

取り込んだ記憶がない

iPhone→ミュージック→アーティストで何気なくスクロールしていたら「The Fifth Avenue Band」というバンド名を見つけた。皆さんはこのバンドをご存じだろうか。僕は知らない。なのに僕のiPhoneにはちゃんと取り込んである。どういうわけだろう。いや、お前が…

トホホ日記~ようやくオープンコードから離れつつある~

昨日、ようやく「火花」(2017)を観た。 漫才の世界に「夢」を持って身を投じるも、結果を出せず10年余り底辺でくすぶっている青年徳永(菅田将暉)と、強い信念を持った先輩芸人神谷(桐谷健太)が出会い、現実の壁に阻まれ、葛藤しながらも歩み続ける青春…

相変わらず節操がない

ここ2,3日は、吉井和哉、岡村靖幸、ムーンライダーズ等を聴いている。土日は吉井和哉に浸っていたけれど、何故か月曜日には岡村靖幸の「ぶーしゃかloop(vinyl mix)」その他の楽曲にハマっていた。やっぱり岡村ちゃんのファンクチューンはサイコーだな、と…

夏眠日記その44

何時頃から「この映画は実話に基づいて構成されています」みたいな但し書きがついた作品が目につくようになったのだろう。2000年過ぎてすぐの頃かな。まあ、実話だろうが何だろうがどっちでもいいから2時間俺をどこか今いる場所から他の場所に連れて行って…

夏眠日記その40

映画「イエスタデイ」を最後まで観た。 結論を言うと、「僕には楽しめた作品ではあったが・・・」である。どうもこの映画は評判がよくないようだ。「ビートルズを曲だけで扱っている」とか「陳腐なラブロマンスかよ」とかいろいろ思うところがあるみたいだ。…

夏眠日記その39

今、映画「イエスタデイ」(2019)を観ているところだ。僕はちょっと前に「映画は最初の10分間が勝負だ」というようなことを書いたが、これはいい。とてもいい。 映画の内容は「自分以外はバンド『ビートルズ』を知らない状態になった青年の姿を描くコメディ…

「ブルース・ブラザース」を観て元気になろう!

英語版でも吹替え版でもイケる映画、それが「ブルース・ブラザース」(1980)である。これを観るときっとみんな元気になるよ。ブルースやR&B、ソウルミュージック主体の「音楽コメディ映画」(監督はジョン・ランディス)だが、曲を聴いたことがない人も観て…

個性個性って言わない方がいいんじゃないかな(by今敏)

個性を尊重するとか個性を伸ばすとかもっと個性を出してって言い方ってすごくしますよね。それで、こういう言葉を繰り返し聞かせ続けられるとですよ、個性って何か内蔵されてる、自分に埋蔵されているようなものとして思ってしまうじゃないですか。 個性を表…

「コンタクト」と「ジャッカルの日」

既に読んだ本が映画化される場合と、逆に映画を観てこれは、と思い本(原作)を読む場合があると思う。 「コンタクト」は本を先に読み、「ジャッカルの日」は映画を先に観た。映画はどちらも僕の好きなタイプの「やつ」だった。つまり、時系列で描かれていた…

オーリとエル、アーサー、ロレンツォ、そして海賊の美髪王

朝コーヒー 昼ごぼう茶 夜ウーロン茶かジャスミン茶。 これが僕のドリンク生活だ。朝、目が覚めたらコーヒーを淹れ、昼は市販のごぼう茶を飲み、夜は家の近くにある中国茶屋さんで買ったプーアル茶かジャスミン茶を飲む。 今までコーヒーは職場で飲むくらい…

原田知世?僕の永遠のアイドルだよ

彼女のデビューは、映画「時をかける少女」だと思っている人が多いのではないだろうか。それは違うよ。フジテレビで夕方放送していた青春コメディっぽい番組(調べたら1982年7月「セーラー服と機関銃」、その後続けて「ねらわれた学園」に主演)に出演してい…

ティッシュ1箱分の涙と鼻水

僕は職業柄かどうか分からないが、「説教」が好きだ。するのも誰かの「説教」を聞くのも。 一昨日「エースをねらえ!」を読んだ(1部の最後の方から2部の最後まで)。このマンガにはあらゆるところに「説教」じみたセリフが散りばめられている。早速写経して…