hanami1294のブログ

現在休職中の小学校教員のつぶやきです(只今復職中)。

冬眠日記その44 ~おめでとう、700記事の巻~

本ブログもいよいよ700記事の運びとなった。おめでたいことである。ついこの間、600記事や666記事を祝ったように思うが、もう700記事か。 最近は宣言通り、書くペースを控えている。字数も2000字前後だ。 今日はお祝いの日に相応しい素敵な品物が僕の家に届…

冬眠日記その43 ~「初秋」を写経する~

スペンサーシリーズの名作「初秋」を探したが、家にない。仕様がないので書店で購入した。 ~離婚した夫が連れ去った息子を取り戻してほしいースペンサーにとっては簡単な仕事だった。が、問題の少年ポールは、対立する両親の間で駆け引きの材料に使われ固く…

冬眠日記その42 ~ブローチの巻~

昨日の七回忌の時に思ったことの一つに、「自分は死んだらどうされたいのだろう」というのがあった。多分妻より先に死んじゃうことになるだろうから、妻にはできるだけ手間をとらせたくない。今ではいろいろな葬儀の仕方があるようだが、僕としては骨を土に…

冬眠日記その41 ~ボブ・ウェルチ再評価か?の巻~

昨日はフリートウッド・マックだけでは我慢できずにボブ・ウェルチまで聴いてしまった。アップルミュージックで検索してみると、ラインナップが充実しているではないか。前まではアルバムは「フレンチ・キス」と「スリー・ハーツ」だけだったのに、いっぱい…

冬眠日記その40 ~フリートウッド・マックを研究中~

20日(木) 朝方、まだぼぅっとしている時に聴く音楽はスコンスコン体に入ってくるって書いたことがあるけど、今日の1枚はフリートウッド・マックだ。何故このバンドなのかはよく分からない。今日の勘だ。でも中期がいいってJUNさんに教えてもらったので、当…

スランプ?それは「怠惰」の言い換えに過ぎない

17日(月) 我が家のDVDプレイヤーのハードディスクは今ドラマで圧迫されている。「ミステリと言う勿れ」「逃亡医F」「鎌倉殿の13人」「だから殺せなかった」「ムチャブリ」「婚活探偵」「スナックキズツキ」「スパイの妻」「幕末相棒伝」「風の向こうへ駆け…

冬眠日記その39 ~「クライ・マッチョ」の巻~

1月15日(土) コーヒーウォーマーというものはとても便利だ。いつでもあったかくておいしいコーヒーやお茶を飲むことができる。「高い買い物をしたものだ」と最初は思ったが、何だかんだ言って愛用している。ただ、直にサーバーをのせると熱くなりすぎるの…

冬眠日記その38 ~日記×5日分 の巻~

ちょっとリラックスして、少しずつ日記を書いてみることにした。瑣末な事ばかりだ。 1月11日(火) 昨日まで朝、眠くて眠くて仕様がなかったのに、今朝はスッキリと目覚めることができた。さすがに仕事モードになると、こんなにも違うものなのか、と思った。…

冬眠日記その37 ~ポールもやっていたんだ、の巻~

ここ数日「人生の最終期 黄金だ ワワワ」または「余生は黄金だ ワワワ」という言葉が頭から離れない。これは僕のブログを読んでくれているsycoさんの言葉(訳詞?)だ。彼女がデヴィッド・ボウイの誕生日に選んだ曲(sycoさんは自分が気に入った曲を翻訳しち…

冬眠日記その36 ~人志松本の、の巻~

毎週観ている番組に「人志松本の酒のツマミになる話」がある。人気番組だ。これは、俳優や芸人、アスリートなどさまざまなジャンルの人達が円卓(「人志松本のすべらない話」で使う円卓)を囲み、お酒の席が盛り上がる「ツマミになる話」を披露する。お酒が…

冬眠日記その35~先輩に泣かされたことはありますか?の巻~

今日はデヴィッド・ボウイの誕生日だったのか。ボウイについて書くことは・・・。最近書いたしなあ。今日は閃かないな。というわけで、「ジギー・スターダスト」を日本で一番上手く完コピできる吉井和哉に登場願おう。吉井についても最近書いたけど許してお…

冬眠日記その34 ~24歳の性欲について~

こんなタイトルを見るとドキッとするでしょ?僕はドキドキしている。俺は一体何を書こうとしているんだろう?と。とにかく今日はこれでいってみよう。一言で表すと「24歳の僕は食欲を減退させれば、性欲も減退するはずだ、と思っていた」という話である。そ…

冬眠日記その33 ~慣れないことをしてきた、の巻~

今日、初詣に行ってきた。我が家には初詣という文化はないのだが、黒龍神社、という有名な神社を教えてもらう機会があって、気にはなっていた。そうして学校に行って同僚と何気なく黒龍神社のことを話すと何回も行っていると言うではないか。しかもとても素…

冬眠日記その32 ~スペンサーは永遠だ、の巻~

昨日仕事に行ったら早速目が覚めるのが早くなった。現在朝の3時である。でも5時間は連続して眠ることができたので良しとしよう。明け方少し眠れればいいのだが。(←少し眠れた) この年末年始で5冊の本を読んだ。僕としては驚異的なペースである。あ、も…

冬眠日記その31~仕事初めに思い出すことじゃないけど、の巻~

「(成績が)Cの子をBにするのが私たちの仕事じゃないん?」そう言われた僕は、怒りのあまり言葉を失った。 と書くと何やら不穏な始まりだが、今日は仕事初めということで、頭を仕事に切り替えてみよう。 上の発言はどういう状況で言われたのかから書かなき…

冬眠日記その30 ~眠たいの巻~

どうなっているのだろう。一向に雪が降らない。最近の天気予報は少し大げさすぎやしないかい?まあ、雪かきしなくてもよいのだから歓迎すべきことではある。と思ったが、北日本など実際に雪が降って大変なところはたくさんあるのだから、こういう書き方は不…

ポールは警官を見て不敵に笑った

~ゲット・バックプロジェクトは60時間以上の映像と150時間以上の音声を残した。編集に際し、様々な選択を余儀なくされた~ 1月26日日曜日。セッション17日目。 ~アルバムと実現微妙なショーを目指して16日。1月末までに終了させる必要がある。最新案は、自…

ありがとう、ビリー

えーっと、あけましておめでとうございます。ブログを開設して3回目のお正月だというのに、まだ挨拶がぎこちないhanamiです。今年は・・・・と書いても何も思い浮かびません。ちょうど「レット・イット・ビー」を観ていたので、そんな感じでなすがままに生…

第5回リモート飲み会 ~枯渇と脱力、ギター教室の巻~

昨夜はJUNさんとリモート飲み会だった。例によってパソコン等の用意をいそいそとした僕は、その後とにかくギターでレインボーの「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」のイントロ練習をした。もうすぐ定刻になろうかという時に、手元が映るようにカメラをセットし…

「全部使えよ」とリンゴは言った

さあ、「ゲット・バック」パート2の始まりだ。しかし・・・今回もしんどいだろうな。 1月13日月曜日。セッション8日目。 マイケル監督がリンゴに「どうしよう、このままじゃまずいよ・・・」と相談を持ちかけると、リンゴは「全部使えよ」と即答した。リンゴ…

冬眠日記その29 ~57回目の誕生日に~

タイトルにこう書くと、「そうか、お前は57なのか」と思われる方も少しはいるかと思う。年齢という結構プライベートなことに触れるのは初めてだ。まあ、50代って書いていたし、50過ぎたら細かいことはあんまり関係ないか。でも僕にとっては結構関係ある。こ…

「辞めようと思う」「いつ?」「今」

1月9日木曜日。リンダ登場。ポールはというと、早速ピアノで「アナザー・デイ」の練習をしている。続いて「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」だ。真剣に歌詞を考えている。続けて「ゴールデン・スランバー」だ。どこまで曲が出てくるんだ。リン…

「離婚するか?」「その時は近づいてきてる」 

それは「チャイルド・オブ・ネイチャー」から始まった。ジョンのソロアルバムに収められた「ジェラス・ガイ」の原曲である。ピーター・ジャクソン監督、いきなりかましてくれるよな。 というわけで、冬眠している場合じゃない。ビートルズ「ゲット・バック」…

冬眠日記その28 ~ディラン、声と歌い方の変遷の巻~

2000年代のディランのオリジナルアルバムの声は所謂濁声(だみ声)である。コトバンクによると濁声とは、にごった音声、すんでいない声、だそうである。僕もそのつもりで使った。でもディランは七色の声の持ち主だ(前に書いた)。そんでもって自身の音楽生…

冬眠日記その27 ~クリスマスは桜庭―ホイス戦を観よう~

全ての格闘技ファンが見ておくべき試合が2つある。それは「猪木―アリ戦」(1976)と「桜庭―ホイス戦」(2000)だ。「猪木―アリ戦」は1R3分15R制で、フルラウンド戦い、結果は引き分けだった。つまり45分戦い続けたということだ。「桜庭―ホイス戦」は1R15…

冬眠日記その26 ~ジョージ・ハリスンというジャンルの巻~

そろそろジョージ・ハリスンについて書きたいな。彼の音楽が素晴らしいのはよーく分かるが、上手く文章に表すことができないと書いて、そのままになっていた。 というわけで本気で「リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」を聴いてみた。ジョージ本人は…

冬眠日記その25 ~再びジョニ・ミッチェル~

只今午前1時。どうやらウイスキーを飲んで寝落ちしたらしい。思えば一昨年は毎晩リビングで寝落ちしていた。フローリングの床で寝落ちしていたのでいつも体が痛かった。今も体が痛い。どうしようか、今度は布団に入って寝てみるか。悩みどころだ。 結局布団…

冬眠日記その24 ~早くジョニ・ミッチェルに馴染みたい~

只今午前3時。音楽がスコンスコン入るチャンスタイムだ。今日はジョニ・ミッチェルの「ブルー」(1971)を聴いてみよう。彼女の曲で繰り返し聴くのは「コヨーテ」だけだ。初期のアルバムは昔々CDを借りて一瞬いいな、と思ったがそれっきりだった。今日は数…

冬眠日記その23 ~情けない「トホホ日記」の巻~

「お前は夏にエレキギターを買って『トホホ日記』と称してしょぼい練習ぶりを書いていたが、最近とんとその日記を見かけないな」と思っていらっしゃる方が全国に2人くらいいるかもしれない。 返す言葉もない。「トホホ日記」は書いていません。 「じゃあ何…

冬眠日記その22 ~今日は記念日の巻~

ふふふふ。今日は僕にとってかなり特別な日である。何だと思う?発表しますよ。 何と!今日がブログ開設2周年記念の日なのだ。そう、2年前の今日僕は生まれて初めてブログというものを開設した。思えば遠くに来たものである。365日+366日=731日。731日の内…