禁煙外来に行ってきた

只今13時30分。禁煙外来は14時30分からだ。だから今の時点ではタイトルに偽りありなんだけど、まあいいじゃん。書きたくなったんだから。14時に出発すれば間に合うはずだ。

 

 

勿論今は煙草を咥えながら記事を書いてるよ。人生最後の煙草になるかもしれないんだから、当然だろう。今、家に2箱セブンスターがある。これを開封することはもうないのだろうか。

 

 

禁煙外来のことは後で書くことにして、今はパンタのことを書いてしまおう。昨日から「東京オオカミ」(2024)を聴き続けている。聴き続けている、ということがミソでこういうことは最近なかったなあ、若い時はこういう聴き方をしてたよな、と思った次第なのである。

 

 

CDでも聴くし、iTunesに取り込んだので、外でも聴ける(今日のウォーキングはこればかり聴いていた)。車の中でも聴ける。ありがたい世の中だ。

 

 

僕の場合、とにかく流しっぱなしにする。最初は正座して(というか集中して)聴くけど、その後は何かをしながら聴いたりもする。そうやって体の中に取り込んで少しずつアルバムの全貌を掴む。20代の頃まではそういう聴き方をしていた。一通り聴いたな、と感じた頃は細胞が生まれ変わった気持ちになったものだ。

 

 

今回のアルバムは頭脳警察のラストアルバムというかパンタの遺作なので、余計気合を入れて聴いているのは事実だ。これは聴き込まなきゃいけない。それにそう思わされる内容だった。よかった、パンタは最後に仲間たちとこんなに優れたアルバムを作ることができたんだという喜びで一杯である。こうなると、今までの作品も俄然気になるが、今は我慢しておこう。アルバムの詳細についてはいつか書くことになるだろう。

 

 

パンタ(頭脳警察)のアルバムで、昔の聴き方を思いだすことができてよかった。さてと、用意するか。それでは一旦記事を書くのを終わります。

 

 

 

 

行ってきたよ、禁煙外来。結論から書くと、明日の朝から禁煙をすることになった。詳しく書いてみよう。

 

 

まずは、問診。3枚のアンケートに答えた。アンケートとともに禁煙外来の治療の流れについて書いてあるプリントも渡された。

 

 

「治療は初回診察を含めて計5回の診察になります。期間は3カ月になります」

「初回・2週・4週・8週・12週の計5回で終了となります」

 

 

どうやら最初が肝心なようだ。さあ、いよいよ診察室に入る時が来た。

 

 

医者は開口一番「hanamiさん、まず確認しておきたいことがあるのですが・・・」と言うと「禁煙外来は保険がきくんですよ。つまり厚労省は喫煙を病気と認定しているわけです。どういう病気だと思いますか?」と質問してきた。

 

 

「依存症、ですかね」と僕が言うと「そうです。では何の依存症でしょうか?」と畳みかけてくる。「ニコチン、ですよね」と僕が言うと「そうです」と答えて、手元にある白紙に「喫煙=病気」「病名=ニコチン依存症」と書き込んだ。

 

 

その後、いろいろな資料を提示され(大体想像がつくでしょ?)、いかに喫煙習慣が人体の健康を害するものか説かれた。僕は「写真、撮っていいですか?」と言って資料の写真を撮らせてもらった。

 

 

さっきの白紙には「主流煙の4倍の害が副流煙には含まれている」ことを表すイラストと「煙草の煙:200種類が有毒」「70種類:発がん物質」と書き加えられた。そして治療の仕方を教えてもらった。以前は飲み薬もあったようだが、今は世界的にその薬は発売を禁止されているらしい。だから毎日パッチを貼ること、それが治療だった。

 

 

「このパッチには何が入っていると思いますか?」という質問には答えられずにいると。医者は嬉しそうに「ニコチンです」と言った。僕は大げさに「ニコチンですか?」と言うと、その後ニコチンが煙草を吸いたいという欲求を誘発していること、そのニコチンの量を少しずつ減らすことによって禁煙ができるということを話してくれた。

 

 

最後に「最初の2週間が勝負です。そこさえ乗り切ればあとはどんどん楽になっていきます」と言った。そりゃそうだわな、と思ったものの一応「先生、『最初の2週間が勝負』って書いといてもらえませんか?」と阿るように言って書いてもらった。

 

 

最後に「では、これに署名をお願いします」と言って、「禁煙宣言書」なるものの署名をさせられた。

           ↓↓↓



これで僕の喫煙生活は今日でお終いと言うことになった。いろいろ考えたんだけど、毎日朝ウォーキングから帰ってから(雨が降っていたら起きて直ぐに)パッチを貼ることに決めた。だから明日の朝から禁煙活動開始だ。そんなに深く決心していなかったし、今も何だか嘘みたいな展開だなあと思っている。ほとんど家に居る僕が禁煙できるだろうか?いやできる、というかする!

 

 

さあ、みなさん、宣言しましたよ。数日経って敗北宣言を書くことにならないようにしたいものである。ブログで何食わぬ顔をして嘘はつきたくないから、逐次進捗状況を書いていきたい。

 

 

それでは今から煙草を吸って、心を落ち着けよう。

 

 

 

じゃあね。