0.001㎜だけ見えたぞ

トホホ日記である。

 

只今17時20分。さっきまでギター教室に行っていた。せっかくなんだから家で復習しろよとも思ったが、ブログを書く方を選んじゃった。

 

テレヴィジョンの「ヴィーナス」の最初のイントロで手も足も出ないと書いたらJUNさんからすかさず「こうした方がいいよ」とのアドバイスをいただいたのが大分前のことだ。その時にちょっと練習して「なるほど・・・。これを毎日練習すればもしかして・・・」と思った。しかしそれ以来ギターに触らない日々が続いていた。それで今日である。

 

 

今日は学校で仕事をしていたので、10分ほど遅れてしまった。仕事で疲れ果てていたので「ああ・・・」と思いながら部屋に入ったら、先生が「こんにちは!『ヴィーナス』やりましょう!」とやけに明るく言ってくれたので、助かった。僕も「『プロブレム』はちょっと置いといて『ヴィーナス』を教えてください」と言おうと思っていたからね。先生は「早く取り掛からないと12月に間に合いませんからねぇ」と言う。そうなんですよ。仕事でもギターでも焦ってるんですよ、俺。

 

 

最初のチョーキングの2小節はOK、僕でも何とかできる。問題はここからだ。先生にJUNさんからのアドバイスを伝えたところ「こうですね」とチャラリランと弾いてくれる。それです。どうやって弾けばいいんですか?

 

 

「こんな感じです」とひとつひとつ丁寧に指と押さえる弦、フレットを説明してくれる先生。しかし、ついていけない。「すみません。楽譜に書いていいですか?何指からでしたっけ?」と先生に鉛筆を借りて音符の下に何指か書いていく。そして4音ずつ弾く。「そうですそうです。1こ1このパーツから練習すればいいんです」と先生。「全部で4パーツってことですよね?」と僕。何となく見えてきたぞ。今は1/1000くらいの速さだけど、これを何百回も毎日練習すれば弾けそうだという感覚にはなった。

 



先生は尚も「指は1回1回離して弾いた方がいいです。じゃないと前の音が残っちゃいますから」と言う。なるほど。ようし、これで練習すればいいんだな。そしたら先生が「じゃあ、1回弾いてみますね」と「ヴィーナス」をかけながら最初から最後まで通して弾いてくれた。おおーっ、カッコいいじゃないか。これがヴィーナスかー。でも・・・できるのか?俺は。

 

 

残り時間20分だ。先生に「とりあえず15分でこのパーツなら弾けるってところありませんかねぇ」と言ってみた。そしたら「ここなんかどうでしょう」と言ったのが、下の楽譜の箇所だ。Am→Dmのところだ。えーっ、これ弾けると気持ちいいんですけど、できるのかな。いや、やるしかないよな。そう思い必死で食らいついていった。

 

 

その結果まあ、これも1/1000くらいの速さでミストーンもありながら弾けるようになった。これも何百回か練習すればいけるかもしれないし、ここは是非ともマスターしたい箇所だ。

 

 

というわけでギター教室は終わった。次回は28日土曜日だ。その日までにいかにギターに触るか、だ。ホントに情けないけど、教室から帰ってきた時が一番やる気が漲ってるんだよね。今週は仕事もギターも頑張るぞ。

 

 

 

今日は朝から学校に行かねば、と思っていたのに結局11時を過ぎてしまった。そこから奇跡的に頑張りを見せ、4年生の分の授業用プリントを作ることができた。計画訪問の指導案はまだである。教務も学校に来ていたので「本気の締め切りはいつ?」と訊いたら今週いっぱいは大丈夫だと言う。よしっ、少しどういう授業にするかの考えもはっきりしてきたので、それを定着させるために頑張らねば、と思った。

 

 

そういうわけで11時から夕方までは怒涛の如く時間が過ぎ去った日だった。

 

 

午前中は何をしていたかって?デヴィッド・ボウイの「ハンキー・ドリー」と「ジギー・スターダスト」を聴きまくっていたのだよ。いやー、ボウイ最高。昨年書いたデヴィッド・ボウイアルバムランキングの順位が変わりそうである。ジギーのライヴ盤も発表50周年記念アルバムが発売された。ジェフ・ベック参加の曲も収録されている。聴きたいな―。どうしようかな、買っちゃおうかな。

 

 

さあ、この調子で記事をアップしてから担々鍋を作ろう。そして明日からの体力を蓄えるのだ。

 

 

じゃあね!おやすみ!