讃岐うどんの旅 その2

昨日の讃岐うどんの旅の模様を書き留めておきます。

 

 

12月29日は、例によって早くに目覚め、チラリとブログを書き、二度寝したところから始まった。二度寝から目覚めると妻はまだ寝ていた。時刻は7時過ぎ。ちょうどいい。

 

 

今日はいつも朝イチに行く「がもう」が閉まっているので気が楽だ。目を覚ました妻と早速本日の計画を話し合う。そして「やまうち」と「香の香」は絶対行こうとなった。そしてできれば「日の出製麺所」にもう一度行き、「岡泉」にも行けたらいいね、という風に決まった。

 

 

「やまうち」の開店時刻は9時である。ホテルから40分くらいである。まだ時間は早い。のんびりと支度をしながらコーヒーも飲みつつ出発予定時刻を待った。8時過ぎにホテルをチェックアウト。元気よく「やまうち」へ出発だ。

 

 

ホテルから「やまうち」へ直接向かうのは初めてだった。ここはグーグルマップに登場してもらおう。グーグルマップは今までとは違うルートでちゃんと店まで僕たちを連れて行ってくれた。

 

 

これまで「やまうち」に来るときには、もう既に2,3店で食べた後なので、さすがの僕も「大」しか食べたことがなかったが、今回はしっかり食べられる。待ち時間が意外と長かった(寒かった)のもあって僕は「特大」の「熱いの」を頼んだ。トッピングはイカのげそ天とコロッケにした。

 

 

前から分かっていたことだけれど、「やまうち」のうどんは素晴らしかった。僕たちがイメージする讃岐うどんそのものの麺のこしと、美味い出汁。これにコロッケの油が染み出し、出汁に混ざるともう天国だ。僕にしてはゆっくりと特大を楽しむことができた。30分待って、5分で食べて店をあとにした。

 

 

次。「香の香」に行こう!今頃はもう大行列が出来ている頃である。でもまだ体力はある。30分程で店に着いたら、ほんとに大行列で驚いた。20分待った。しかし待ったかいがあった。この店は旅の最後に行くことが恒例になっている(善通寺ICから近い)ので、いつもお腹がパンパンな時にしか行っていない。今日の僕はまだまだ余力がある。だから「釜揚げの特大」に決定だ。出てきた「特大」は桶に入っていた。おう!すごいじゃないか。僕は「やまうち」以上にゆっくり味わって食べた。

 

 

僕としてはこれで満足だ。妻はどの店でも「小」を頼んでいるのでまだ余力がある。だから話し合った結果「岡泉」に行くことにした。「日の出製麵所」はきっと尋常じゃないくらいの列が出来てるだろうと予想してのことだった。

 

 

グーグルマップに従って「岡泉」に向かう。裏の駐車場に車を停めて、さあ入るぞと思い正面玄関に行ったら、行列が出来ていた。「岡泉」で行列を見たのは初めてこのことだ。僕たちは最後尾に並んだ。しかし、と僕は心の中で考えていた。「岡泉」は客の回転率が悪いだろう。当然帰るのが遅くなる。今日は、もしかしたら高速道路で渋滞が発生するかもしれない。だったら面倒なことになる。

 

 

そこで僕は「『岡泉』、パスしていい?」と妻に訊いた。「いいけど・・・。珍しいね」と妻。僕は「渋滞が心配なんでね」と言うとすぐに納得してくれた。今までの僕だったら絶対にそんなことはしなかったはずだ。遅くなろうが渋滞になろうがもっと楽観的に考えていたはずだ。おそらく僕のお腹はもう満足していたのだろう。

 

 

結局この2日で言った店は、順に「日の出製麵所」「がもう」「なかむら」「やまうち」「香の香」の5店でそれぞれ1回ずつだった。讃岐うどんの旅史上一番少ない回数だ。歳をとったからかな。それとも1泊2日だったからかな。味が落ちていた店があったからかな。どれがっていうことはないが、どれも当てはまるな。

 

 

そして僕たちは長い帰り道に着くことになった。11時半過ぎだ。グーグルマップで調べると、帰るまでに6時間半かかり、到着予定時刻は18時だった。家に着くのが夕方の6時か。気が遠くなるな。

 

 

瀬戸内大橋の途中でお土産を買い、岡山県に入ると僕は眠くて仕方がなかった。しょうがなくサービスエリアに入る。そこで煙草を吸い、コーヒーを飲み、しばらく車のシートで目を閉じていた。妻は「運転、変わろうか?」とは決して言わない。この旅は僕が運転するしかないのだ。さあ、気を取り直して再び戦場に戻るか。

 

 

その後、眠くなることもなく、「記録の挑戦だ」と言ってはグーグルマップで調べてもらって休むことなく車を走らせ続けた。そして岡山県兵庫県をスイスイ通過し、福井県敦賀辺りで休憩した。到着時刻は30分ほど早くなっている。いいねえ。そのまま順調に車を走らせ、無事我が町に着くことができた。結局渋滞は1回もなかった。喧嘩も1回もしなかった。OKOKである。

 

 

そのままガソリンスタンドに行き、洗車もして(車は凍結防止剤でとても汚れていた)、外食をして家に帰った。家はやっぱり落ち着くなあとか言いながらテレビを観て、眠った。

 

 

しかし例によって午前0時に目覚めた僕は、リビングに行き・・・といつものことをやりながら今(30日の早朝)ブログを書いている。今日は妻と映画「パーフェクトデイズ」を観に行く予定だ。朝8時15分からなので、7時過ぎには家を出たい。

 

 

 

 

 

映画は無事観ることができた。面白かったので、明日もう一度観たいと思っている。だから今日は何も書かないでおこう。

 

 

 

最後に今回行った店のランキング・妻ヴァージョンを書いておこう。コメントも妻から無理矢理引き出した。

 

 

1位:やまうち・・・店のおじちゃんと触れ合うことができた

2位:香の香・・・釜揚げの基本、の店

3位:日の出製麵所・・・短い時間しか開かないのに、その時間を大事にしている

4位:がもう・・・初めての「昼食がもう」が新鮮だった

5位:なかむら・・・相変わらずの風情だった(←いい意味で)

 

 

これで讃岐うどんの旅の話は終わり。しっかし1枚も写真を撮らなかったな。これじゃあ読者に不親切だったかな。まあいいや。車で長い長い距離を走り、うどんの聖地に行き、観光地にはどこにも寄らずにひたすらうどんだけを食べ続ける、という僕たちの旅の様子が少しでも分かっていただければ幸いだ。

 

 

 

 

さっき「酒のやまや」に行ってラムと紹興酒を買ってきた。これからモヤシ炒めを作ってお酒を飲みながら「セクシー田中さん」を観る。うん、いいんじゃない?

 

 

 

 

それでは。明日はいよいよ今年最後の日ですね。バイバイ!