あっという間に解決した

只今18時。19時から大谷翔平を見なければいけないので、ここから1時間が勝負だ。夕飯を作りながらブログを書く。そんな離れ業をしなければいけない。頑張るぞ。

 

 

まずはタイトルの話から書いておこう。すぐに終わるよ。

 

 

昨日の記事の最後にスピーカーが悪いんじゃない、一体誰が悪さをしているんだ?と書いた。その犯人が昨夜記事をアップしてすぐに分かったのだ。CDを聴き終わり、レコードを聴こうと隣の部屋に行き、レコードをターンテーブルにのせる前に何気なく、プレーヤーとアンプを繋ぐコードをいじった。

 

 

そしたら「ガリリリッ」と音がした。妻が驚いて「何しとれん?」と言うくらいの大きな音だった。しかし、そうなのだ。このコードがどうやらプレーヤーに上手くはまっていなかったようだ。僕は「これでいける」という確信を持ってレコードをかけた。

 

 

僕の予想は的中した。スピーカーに不調は全く見られなかった。ふふふ。これでまたレコード生活を満喫できるとほくそ笑んだ僕であった。しっかしこんなことにも気づかないで数か月暮らしていたのかねぇ。全く盆暗な奴である。

 

 

 

 

今朝は起きたらすぐに「今日は寒いぞ」と思った。しかしそんなことは言ってられない。7時半に家を出てウォーキングを始めた。現地に着くと更に寒さを感じた。ウインドブレーカーのチャックを締め、ニット帽を被り、元気よく歩き始めた。誰にも会わない。そりゃそうか。こんなに寒いんだもんな。

 

 

湖面からは強くて冷たい風が僕を襲ってくる。それに耐えながら頑張って歩いた。やっと半分だ、と思った頃には雪まで降り始めた。しかし僕には歩くしか手がない。風と雪に耐えながら無事1周することができた。気合を入れて歩いたせいか時間も今までで一番速かった。それに1万歩も切った。これは歩幅が広くなったことを意味する(多分)。

 

 

ふぅ。これで家でぬくぬくできる。そう思った僕はその通りにした。しかし、何だか知らないが「ちょっといいことをやろうじゃないの」という気持ちがむくむくと湧いてきた。「よしっ、2階の本棚の整理をしよう」。

 

 

善は急げだ。すぐに立ち上がり、雑巾を用意して2階に上がった。妻が言うようによくもまあこれだけ乱雑に本を積み重ねたものだ。今日は本棚を拭くだけにしようかなと思っていたが、あれこれ考えて漫画本を一番上に並べ、・・・という風に次々とジャンルや本のサイズに合わせて収納していった。DVDはCDと同じ棚に収めることにした。

 

 

 

おっと、豚汁の様子を見にいかなきゃ。結構忙しいな。でも体は動かすことができている。よい兆候だ。

 

 

 

さあ、あらかた本棚の整理は終わった。後は、ブックオフに出す本(教育関係の本)を妻に選んでもらおう。我ながらいい働きをしたなあ。妻は気づいたら何と言うだろうか。

 

 

 

今日したことは、以上である。あとドラマも2本観たな。スーパーにも行ったし、ガソリンも入れてきた。何だかんだ言って週の始まりとしてはいい感じだったと思う。

 

 

そろそろ夕飯作りに専念しようかな。豚汁の仕上げともやし炒めを作る。そして19時から野球を観る。いいんじゃない?

 

 

というわけで、今日はこれでお終いにします。じゃあね。