主夫生活への道

先週校長に来年度のことについて話をされて以来、「主夫」という言葉が頭の中を駆け巡っている。主夫と書いたら聞こえはいいが、要するにヒモのことである。そういえば昨年の夏にヒモ生活についての妄想日記を書いた覚えがある。あれが現実になるのだ。おっと言い忘れていたが、教員という職は(実質的に)今年度の3学期(つまり来年の3月まで)で終えようと思っている。だからこそのヒモ(もとい、主夫)生活なのだ。そして切羽詰まってもいるのだ。

 

 

全く今年度の校長は人のやる気を削ぐ人だね。なぁ~んて人のせいばかりにしているとバチが当たる。言われなくても分かってるよ。もう僕には教諭としての使い道がないんだよ。だからこそ、今年で最後なのだ。

 

 

Q:ところでいつからヒモ生活に入るんだい?

A:再来年度からになるな。

Q:それまで(経済的には)どうする?

A:病休、休職でいくばくかの入金があるからそれで何とか凌ごう。

 

今まで何かと権利を行使してきたが、最後も権利を行使するのだ。申し訳ない、許して頂戴。そして60歳で退職する。退職した年から2年間、つまり退職金が支給されるまでヒモ生活(おっと主夫生活だった)をするのだ。

 

 

 

そのために今、どのような準備(心持ちも含めて)をすればいいのかをイメージトレーニングする、というのが今日の主旨である。

 

 

まず、今の生活を振り返ってみよう。そうすることでヒモになるために必要なことが見えてくるはずだ。

 

 

食生活・・・今は何時も書いている通り夕食を担当している。時々、ほんの時々だが、外食を所望する場合もある。食材はあまり値段や量のことを考えずに買っている。朝食は作っていない。また、片付け(皿洗い等)は気が向いた時にやっている。ゴミ出しは一切やっていない。

 

 

掃除・・・普段は小さな掃除機を使って週1くらいでリビングと自分の寝室の掃除をしている。拭き掃除はしていない。大きな掃除は今年の夏にした。ルンバはかけていない。

 

 

お金の使い方・・・レコードを欲しいと思った時に購入している。我慢するということはほとんどない。その他にはたまに洋服を買ったり本を買ったりしている。煙草とコーヒーは毎週買っている。煙草は月に1万円ほどになる。コーヒーにもそれくらいかかっている。お酒は週末に飲んでいる。ビール500mlとか、ラム1杯とかなので以前より安上がりである。

 

 

妻との付き合い方・・・夕食の時に話しかけられることが多い。ちゃんと聞くことが半分、生返事をすることが半分である。時々妻の行動にプチっとなることがある。しかしなるべく穏やかに付き合えるよう努力はしている。

 

 

健康状態・・・いいわけないだろう?もう働けないんだから。精神疾患、尋常性乾癬、睡眠時無呼吸症候群、高血圧等いろいろなものを抱えている。そして肥満。これがあらゆる健康状態を害していることは間違いない。喫煙習慣も重大な問題である。

 

 

普段の生活っぷり・・・僕は一人になる時間が無いとダメな人間である。だから最近は休日に妻がどこかに行って夕方帰ってくる日が多くなっている。テレビの権利は7割方僕の方にある(妻は僕が寝てから思う存分観ている)。

 

 

 

さあて。これらの生活を見直してよりレベルアップした姿を見せれば妻も僕の決意に同意してくれるのではないだろうか。見直し開始だ。

 

 

 

食生活・・・朝と晩に作る。作るだけではなく片付けもする。そのために必要なことは、ご飯の炊き方(うちは鍋でご飯を作っている)と食洗器の使い方を覚えなければいけない。食材の買い方もお金と量に気をつける。野菜は道の駅へ行き、新鮮で安いものを買うようにする。将来的には家庭菜園も考えなければいけないかもしれない。ゴミ出しは当然僕の仕事になる。なあに、時間はたっぷりあるよ。

 

 

掃除・・・これは計画的に取り組まないと、結局なし崩しになりかねない。日々のルーティンとこの日はここ、という風に分けて家を綺麗に保つこと。妻が心地よく家に居られるように努力することを考えていきたい。

 

 

お金の使い方・・・一番重要なところである。まずはレコードを買うのを控えなければいけない。できればもう買わないと決めればそれに越したことはない。しかしそんなことはできそうにもないので、買う時はよくよく考えて購入する。ひと月に買う上限額も決めておく。煙草を止めればかなりの節約になるし、妻にもアピール度が高いと思われる。

 

 

妻との付き合い方・・・一人になる時間が増えることで、心穏やかになると思われるので、これには期待が持てる。妻が喋りたい時に、傾聴することができそうだ。テレビ権も妻9割でOKである。

 

 

健康状態・・・まず精神疾患であるが、仕事のことが原因でずっと苦しんでいたから、これは改善されることが期待される。しかしダメならダメで仕方がない、くらいには思っておかないといけないと思われる。尋常性乾癬については毎日マメに薬を塗ること、ストレスの軽減で随分よくなるのではないかとこちらも期待している。あとは毎日運動して痩せること、煙草とは縁を切ることが重要ではないかと思われる。

 

 

普段の生活っぷり・・・平日の日中は1人なので、休日に妻が家に居ても大丈夫なようにしたい。問題は1人の時に家事以外に何をするかである。毎日ぼぅっと過ごしていると認知症になってしまうしなー。

 

 

この見直し案を今のうちに少しずつ取り組んでいくというのはどうだろう。僕にとっても妻にとっても精神的にも経済的にもいいんじゃないかなあ。

 

 

今日のところはこれくらいにしておこう。まだまだ改善点がありそうである。その時は思いついた時に書き留めておこう。

 

 

 

今日、6年生担任に成績を渡した。ギリギリまで再テストをして、点数の底上げをしようとしたが、あんまり変わらなかった。気になる方のクラスの担任とも話したが、もう子ども達のことについては諦めているようだった。おいおい、毎年諦めてないかい?まあ今、どんな気持ちでいるのかが分かっただけでもよしとしよう。あとは来週の水曜日まで粛々と授業をするだけである。成績を渡したことで随分と気が楽になったよ。

 

 

早速今日から皿洗いをすることにしようかな。

 

 

 

じゃあね!バイバイ。