再び病休へ

「hanami1294のブログ」というタイトルの下には「現在休職中の小学校教員のつぶやきです(只今復職中)」と書いてあるが、遂に「→再び病休へ」という言葉を書き足す事態になろうとしている。来週金曜日からの病休がほぼ決まった。あとは診断書を書いてもらうだけである。

 

先週の土曜日に受診したことは書いたが、その後、妻と話し合い、校長と話を詰め、校長が教委とも話をしてくれた。期間は7月9日から8月30日まで。約2か月弱である。思えばちょうど2年前の今頃から病休→休職(9か月)をしたが、それ以来である。それから1年と4か月間。我ながらあの環境の中でよく頑張ることができた、と思う。それに今回は前回より短期間である。延長することはないといっていい。それははっきりしている。

 

2009年頃初めて病休せざるを得ない事態に追い込まれてから何度か病休をとっているが、前回のように同僚との関係悪化が原因となったことは初めてだったし、それが休職にまで追い込まれたこともなかった。今回は対人関係の悪化から来るものというより、眠れないことから来る体力面の限界、という側面が強い。

 

今回の病休で僕がまず取り組もうと思っていることは「太陽の光を浴びながらの運動」である。走るのはちょっとツラいので1時間程度気合を入れてウォーキングをする。「太陽の光」も「運動」も大事らしい。僕もそう思う。ウォーキングと筋トレでとにかく今の状態を立て直したい。運動による疲れで睡眠面での改善も見込める。とにかく規則正しく生活したい。そういうのは結構得意である。

 

次は「庭の草むしり」と「家事」だ。どちらも心が落ち着くし、妻の負担も少しだが軽くなるはずだ。「家事」は具体的には、掃除・洗濯・開かずの間の整頓、食事を作ること等になろうかと思う。つまり約2か月間僕は主夫になるのだ。妻は僕が病休になろうがなるまいが態度は変わらない。心の中でどう思っているのかは分からないけれど。

 

ここまでが日々のルーティンワークだ。これだけで結構時間がかかる。この後は自分の時間だ。勿論ギターも練習したいし、ブログも続けたい。本も読みたい。

 

あと一つ大事なことを忘れていた。仕事のことは(あまり)考えないこと、だ。

 

思えば前回の休職中にこのブログを始めたんだ。あっという間だったな。しかもこれが今の自分の支えになるなんて当時は思いもしなかった。

 

と思っていたら、今日の職員打ち合わせで、いつか書いた教室に入りづらい児童等の対応の仕方についての話があった。「悪い癖」が再びむくむくと頭をもたげてきたし、実際に教務に「残りわずかだけどできることはするから(僕を)使ってくれ」と言ってしまった。勤務するのはあと5日だけど、その5日がツラい(今日もツラかった)。しかし目の前に困っている児童がいるんだからやれることはやろう、という気持ちである。真面目な奴だなあ、俺って。