hanami1294のブログ

現在休職中の小学校教員のつぶやきです(只今復職中)。

どっちつかずの新しさ

この前、斉藤和義をついディスってしまったが、今日は違うぞ。「岡村和義」、これがなかなかよかったのだ。

 

 

岡村和義」とは、岡村靖幸斉藤和義のユニット名である。最近アップルミュージックでも紹介されていたのでその存在は知っていたが、食指をのばすまでには至らなかった。なぜか?まず名前がまずい。これについてやっぱり書いておきたい。

 

 

ずうっと前に書いたことがあるが、ユニット名で一番優れているのが「麗蘭」であると僕は思っている。活動休止中だったRCサクセション仲井戸麗市とザ・ストリート・スライダーズの土屋蘭丸が組んで「麗蘭」になった。これほどシンプルで美しくて字面も音の響きも良い名前はあるだろうか。いや、ない(キッパリ)。

 

 

その後「奥田民生井上陽水」(←逆だったっけ?)とか今回のように苗字と下の名前をくっ付けたユニットが続出した。でもやっぱりパイオニアは強いのである。偉いのである。だからもう新しいユニット名を考える時には、自分たちの名前を使うことなんかやめちゃって新しい名前にするしか方法はないんじゃないかと思うのだが、いかがだろうか?

 

 

 

名前についての苦言は以上である。あとは誉め言葉ばかりである。ようし、いくぞ。

 

 

 

まず僕は「SONGS」というNHKの番組を観た。そこでの感想しか書けないんだが、この内容がよかったんだよね。

 

 

 

最初は各々のヒット曲を1曲ずつやったが、これはあまりピンと来なかった。そんなもんを聴きたいんじゃないんだけどなーと思っていたら次からがよかった。

 

 

吉祥寺のロケで、ライヴハウス曼荼羅」に行った時に即興のセッションをやったんだけど、これがよかった。(事前にコード進行等の打ち合わせがあったかもしれないが)いきなりやってこれだけハイクオリティのものができるなんてさすがプロのミュージシャンは違うね。いいものを見せてもらった。こういうのができたら楽しいだろうなあ。

 

 

 

次に2人で作った曲「カモンベイビー」をスタジオで演奏したんだけど、これが番組の中で一番気に入ったな。なんかねー、どちらの色にも染まらない、不思議な曲だった。そして新しさを感じた。


www.youtube.com

 

 

この前は惰性で演奏してるって斉藤和義の悪口を書いたんだけども、あながち間違ってはいないように思った。彼だって自分だけの中から生まれてくるものに飽き飽きしてる時期だったんじゃないかなあ。岡村靖幸という異分子と組むことで何だか妙な響きを持つ曲になっていた。彼が欲しかったものはもしかしたらこれだったんじゃないかって思ったよ。

 

 

 

次にバラード曲「サメと人魚」っていうのをやったんだけど、一番はタイトルである。いいタイトルだ。詞は斉藤和義だ。冴えてる。これは聴き込むといい曲かもしれない。

 

 

 

まだ、他にもどんどん曲を発表しているみたいだからチェックしてみようかなと思っている。それにしても岡村ちゃんは痩せたな。頬なんか削げちゃっているぞ。遂にデブから卒業したんだな。俺も見習わなくっちゃ。

 

 

 

というわけで、岡村色にも斎藤色にも染まり切っていない、どっちつかずなところに僕は新しさを感じた。それにしても音楽家はいいな。気持ちさえあれば誰とでも一緒にやることができる。そして新しいものを生み出すこともある。2人とも50代だが、このユニットで得た新しさは何物にも代えがたいものだろうと思う。

 

 

 

今日はこれくらいにしておこう。そうじスイッチもここ2日発動してないし、今朝は結局煙草を1本吸っちゃったから自慢も出来ないし。台風も来るみたいだから、気をつけて過ごすことにしよう。

 

 

 

それでは。