やっと届いたよ

Amazonよ、ちょっと遅くないかい?もう読んじゃってる人もいると思うけれど、松村雄策著「僕の樹には誰もいない」がやっと届いた。

 

どうしよう。まずはご飯だ。

 

さっさと食べた。封を開き、本の帯を読んだ。そして目次を開いた。さっそくタイトルが松村節全開である。ちょっと紹介させてもらって、そのあと、違う話題を書いて、ちゃちゃっと記事をアップして少しだけ読むことにするか。緊張するな。

 

僕が気に入ったタイトルはこんなのです。

 

「70年目の12月8日に向けて」

ジョン・レノンの秋は生きている」

「ポールを肯定するんだ」

「しかし、酒をやめるわけにはいかない」

「秋まで待てない」

「冬に走り回ろう」

キンクスのスクンキ」

「1969年はいつ終わったのだろうか」

「ポールのベストを作ろう」

 

キリがないな。

 

マーク・ボランは老人にはならない」

「火事と学校とフー」

そして最後が

「Still Alive And...」である。

 

初出はすべてロッキンオン誌だということだ。全部で50編ある。単純に12で割ると4年と2カ月である。多分精選に精選を重ねたのだろう。調べてみると、最初の作品が2010年2月号発表で、最後が2021年11月号発表の作品だった。(病によるブランクがあったにせよ)約12年書き続けてその内の50編ということになる。

 

ああ、こんなこと書いてる場合じゃないな。もう読むしかないか。

 

これから悲しいけれど幸せでもある時間が待っている。明日から11月だ。