夏眠日記その8

先週注文した眼鏡ができたというので取りに行った。眼鏡を変えるのは3年振りのことだ。本当は老眼鏡にしようと思ったが、結局遠近両用にした(前に書いた)。新しい眼鏡をかけてテレビを観たら確かに今までと違ってクリアに見ることができた。手元の方はまだ慣れないが、一応前より見えることは確認できた。でもやっぱり老眼鏡にすればよかったかな。もしかすると、この夏もう一度眼鏡屋さんに行くことになるかもしれない。

 

ところで僕はhanamiというハンドルネームを使っている。こういうのを考えるのは苦手な僕はブログを立ち上げる時、大いに悩んだ。悩んだ末にhanamiにしたわけだ。何だかこっぱずかしいが、これは花村萬月をヒントにして考えたものだ。

 

文章を書くにあたり、敬愛する花村萬月に少しでも近づきたく思ったわけだ。それで、「はなむら」の前、つまり前座に当たる名前として、「はなむら」という苗字の前に何かないか考えたら「はなみ」があることを発見して「じゃあ、そのままhanamiにしちゃえ」と思って付けました。もしかしたら「お花見」から付けた名前かな?と思った方もいるやもしれません。すみません、こんな感じで付けました。

 

病休に入ってもう10日あまりになる。休むにあたって僕は確か「主夫になる」と宣言したはずだ。僕の「主夫ぶり」はどうなのだろう?毎日のルーティンは?開かずの間は?総合得点は?何から書こうかな。

 

まず僕が朝一番にすることは、ウォーキングである。外ウォーキングデビューもしたことだし、この調子で続けたい。ウォーキングが終わったら、シャワーをするので必然的に洗濯をすることになる。洗濯は毎日しているので100点。

 

「主夫」と言ったら、あとは「掃除」と「料理」である。「掃除」かぁ・・・。リビングの床の雑巾がけを1回した。ルンバも時々動かしている。洗面所も綺麗にした。でも毎日じゃないんだよなあ。掃除は70点だな。「料理」?ふう。自分が食べる昼食と夕食は自分で用意して食べる(当たり前か)。それだけでも妻の負担は軽減したはずだ。でも妻の分を作ってはいない。食事も70点かな。

 

あとは「開かずの間」か。昔は「スタジオ」と呼ばれていたんだけどな。「開かずの間」の整理っぷりは80%といったところか。もう少しで綺麗になる。待っててくれ。ということでそのまま80点。

 

大事なことを忘れていた。庭の雑草だ。僕達夫婦は次々と生えてくる雑草に負けた。つまりは除草剤を買った。そして昨日の朝、除草剤を全面に撒いた。だから数日後から「草むしり」という大事業が僕を待っている。でもいろいろと難しいんだよ。草むしりをする時間帯とか近所の目があるからね。

 

僕の「主夫ぶり」の平均点は80点くらいといったところだろうか。可もなく不可もなくととるか、ギリギリ合格ととるか、微妙なところだ。

 

ところで今日は、診察日だった。一通り今の状況を話した。驚いたのは主治医から「あなた、高校生を教えられる?」と尋ねられたことだ。「何言ってるんですか。無理に決まってるじゃないですか」と言ったが、よくよく聞くとこういうことらしい。「入院患者で高校生がいるけど、なかなか勉強しようとしないから、話を聞いてやってほしい」だそうだ。それならできますよ、と言うと「じゃあ、また連絡するかもしれない」と言われた。うーん、どうなるんだろう。でもちょっと興味はある。結局僕の診察は2分、高校生の話は15分だった。